読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anagumam

気になるガジェットのちょっとした紹介

僕がQuo vadisを使い続ける3つの理由

 

 

マイブームはクイニーアマン

どうもanagumaです。

 

早速ですが手帳はどんなのを使っていますか?

 

手帳といっても様々なものがありますね。

社会人向けであったり、あとはキャラクターもの。

機能性重視やデザイン重視。

どれもこれも魅力的で決められない! という方は多いと思います。

 

そんな僕も実は大学入ってから手帳を使い始めたんですが、

とある手帳に出会ってしまってからずっとそれを使っています。

それくらい僕の理想としていた手帳に巡り合ってしまったんですね。

それを新年度が始まる前に紹介しようと思います。

 

 

Quo vadis

聞いたことありませんか?

 

これ実はフランスのメーカーの手帳で、

最近だとLOFTとかにも置いてあるところを見かけますね。

 

そして僕がこの手帳を選んだ3つの理由は

1.バーチカルタイプであること

2.リング綴じであること

3.カバーが選べる

です。

 

まず一つ目のバーチカルってなんじゃい、ということなんですけども

縦方向に予定が組めるタイプのもののことを言います。

こんなかんじで 

f:id:anaguma711:20170217164220j:plain

予定の時間割が組みやすいというところが利点ですね。

またこの手帳はウィークリータイプなので週ごとに予定を組めるのも魅力的です。

マンスリータイプ(一般的なカレンダーのようなタイプの手帳)だと、

予定が入っているのがすぐわかるので良いのですが、

その日のいつに入っているのかがわかりにくいのが難点です。

その点バーチカルタイプだと、空いている時間を見つけやすく、

急な予定も組むことができます。

 

次にリング綴じであることが僕の中で必須条件でした。

なぜかというと机に置いたときに糸綴じだと中心部分が浮いてしまって

非常に書きづらいんですよね。

予定を書き込む手帳にそんな書く度にストレスを感じてしまっては

手帳離れを加速させるばかりです。

 

またリング綴じだと、細めのペンくらいならリングの中にしまうこともできます。

わざわざ手帳出して……ペン出して……なんてしなくても良いわけです。

 

最後になりましたがカバーが選べるという理由を挙げましたが、

金欠が常について回る大学生。いいものを使いたいけどお金が……

そんな僕のような方は多いと思います。

手帳って案外高いんですよね。

ですがQuo vadis は一度買ってしまえばあとはリフィル(中身)を

買うだけで良いので非常に経済的!

毎年違う手帳を買うよりも長期的に見ると比較的安価で済みます。

どうせならいいものを長く使っていきたいですよね。

 

以上の3つからQuo vadis をおすすめさせていただきました。

LOFTとかで見かけたら是非お手に取ってご覧ください。

きっと細部に至るまでのこだわりを目の当たりにすると思います。