読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anagumam

気になるガジェットのちょっとした紹介

最近アイデア枯渇してない? anaguma流ノート術

 

 

枕は低め。

どうもanagumaです。

 

みなさん最近何か作りましたか。

絵を描く方もいれば、僕みたいに小説を書く方。

音楽関係も素敵ですね、あとは写真や動画なんてのも。

 

f:id:anaguma711:20170318192552j:plain

しかし、どんな創作活動も必ずアイデアが必要です。

僕も小説書いている中でどうしても行き詰まることが多々あります。

そこである方法を試したら面白いくらいに作業が捗るので皆さんに紹介していきたいと思います。

 

タイトルに書いたのですが必要なものは紙とペン。

これだけです。

 

僕はこの無印のリングノートを使っています。

 

f:id:anaguma711:20170318192614j:plain

コンパクトに開けるというのと、気に入らないのは破いて捨てることができるというのが利点ですね。

おすすめはやっぱりリングノートです。

 

f:id:anaguma711:20170318192700j:plain

では早速、僕がどのようにしてアイデアが枯渇しないようにしているか見ていきましょう。

 

まず、僕の経験からアイデアが枯渇してしまうには理由があります

1. 肉体的・精神的に健全でない時

2. 脳内メモリが飽和している時

 

基本的にこの二つです。

 

1番目はみなさんなりの解決方法があると思うので割愛させていただくとして、

問題は2番目の脳内メモリの飽和です。

 

まず脳内メモリとはなんぞや、という話なんですけども、

言い換えてしまうと「ワーキングメモリ」という名前でもあります。あ

 

要は人間が記憶とは別でごく短期間に覚えていられるもののことなんですけども

こいつには限界がありまして、一般的な方なら大体5つくらいが限界だと言われています。

 

スーパーで買い物をする

友人にメールをする

大学資料を図書館で借りる

映画を見る

あの人のブログをチェックする

 

大体これくらいのが限界になるわけですね。

 

ここに例えばめちゃくちゃ自分でもしびれるようなアイデアが浮かんでくるとします。

 

それを覚えておきたいがために一時的にこの脳内メモリに保存します。

すると

 

イデア

スーパーで買い物をする

友人にメールをする

大学資料を図書館で借りる

映画を見る

(あの人のブログをチェックする)

 

このように新しい項目が追加されたことによって

脳内メモリが圧迫されていきます。

この状態が脳内メモリの飽和。

 

要は今日中にやらないといけないタスクを

忘れないように脳内メモリに気を付けながら消化していきます。

 

この状態は非常に次のアイデアが浮かんできません。

 

なぜかというと、現在行わなければいけないタスクに

脳は注意がいっているからなんですね。

 

イデアは突発的なインプット。

夢のように忘れやすいもので、印象だけが残り、

内容を忘れてしまうなんてのもよくある話です。

 

それを忘れないようにするのが紙とペンです。

 

どうしてスマートフォンではないのか、と思われる方もいるかもしれません。

それは必ずしもそのアイデアが文字で表せるものではない場合があるからです。

図のほうがわかりやすかったり、絵で描いたほうがまた新しい発見があったりするからなんですね。

 

ですから僕はいつもリュックの中に自由帳を入れています。

いつでも取り出せて、すぐに書けるように手ごろなサイズ感のロディアを持ち歩いています。

 

f:id:anaguma711:20170318192801j:plain

このロディアにはとにかく書きまくっていますね。

それは小説の一節だったり、相関図だったり、

気になった言い回しのメモだったり、絵だったり。

 

とにかく自由に、思い浮かぶものすべてをぶつけるくらいの気持ちで書くのがベストです。

 

そして後に見返してみて、気に入ったものはまた別のノートに写したりします。

ロディアには切り取り線がついているので、外してそのノートに貼ったりもしています。

僕のアイデアをまとめたノートはロイヒトトゥルム。

ハードカバーと上質な紙が特徴のいたってシンプルなノートです。

 

今のところの目標はこのロイヒトトゥルム1冊を完成させることですね。

 

僕はこの方法を試してから驚くほどアイデアが浮かんできます。

もともとは浮かんだアイデアも忘れないようにと度々思い返して確認したりしていたので

あの頃は脳内メモリを無駄使いしていたな、と思います。

 

脳内メモリはいつでも開けておくことでアイデアはそこに駆け込み乗車してきます。

 

駆け込んできたアイデアはなるべく早いうちにノートに取り、

次のアイデアに備える、というのがベストですね。

 

みなさんのもとにも良質なアイデアが訪れることを願います。